新型コロナウイルス関連情報

2021.07.19

【重要】夏期休暇中の新型コロナ感染防止の注意喚起

保護者様・学生 各位

日頃より、様々な対応にご理解、ご協力いただきありがとうございます。

連日、感染拡大が大きく報道される中での夏期休暇になりますが、学生個々の感染防止は勿論、学内クラスターを発生させないため、再度下記の事項について注意喚起を致します。

健康管理を一人一人が徹底するとともに、「自分が感染しない」「人に感染させない」ため、「換気の悪い密閉空間」、「多数が集まる密集場所」、「間近で会話や発生をする密接場面」など感染リスクが高まる要素を避けた行動をお願いします。

1.休暇期間の連絡について

  • 冬期休暇中であっても、学生本人や同居家族の感染、濃厚接触者認定や、PCR検査等の実施依頼や指示があった場合には、
    ①検査前(指示があったタイミングで)
    ②検査を受け結果が出た時(結果が陰性・陽性どちらでも)

    の2回、クラス担当に電話やTeamsの個人チャット等でクラス担当に連絡をお願い致します。

2.日常の感染予防について

  • マスク着用、手洗い、消毒の徹底
  • ソーシャルディスタンスの確保
  • 3密が重なる場所を回避
  • 対面による多人数での会食等の回避
  • 十分な栄養と睡眠の確保

3.国内移動について

  • 感染拡大地域だけではなく、それ以外の地域への移動も可能な限り控えるとともに、やむを得ず移動する場合にも、基本的な感染拡大防止行動を徹底してください。

4.ワクチン接種について

  • 学校での2回目のワクチンの職域接種を申し込んでいる学生は、指定された日時に必ず接種に登校をしてください。何らかの事情により接種を受けられない場合には、必ずクラス担当まで連絡をお願いします。
  • ワクチン接種は、発症や重症化リスクの軽減が目的であり、他者への感染リスクは無くなりません。接種後も引き続き基本的な感染拡大防止策の継続をお願いします。