新型コロナウイルス関連情報

2021.05.31

【第2報】新型コロナウイルス感染者の発生と対応について(2021.5.31/15時00分)

5月29日に判明しました本校学生1名の新型コロナウイルスの感染者発生について、5月31日15:00現在の状況のご報告と、今後の対策等についてお知らせいたします。

1.感染者の発生状況
5月29日に、本校学生1名が新型コロナウイルス陽性の診断を受けました。
同日発信の第一報では、濃厚接触者は確認されておりませんでしたが、5月30日に学外での行動を起因とする濃厚接触が2名確認され、同日PCR検査を受検し、現在結果を待っている状況です。
感染が判明した学生、濃厚接触に該当する学生は、現在保健所の指導により自宅待機しております。

2.現在までの対応
(1)5月31日全校一斉の臨時休校を実施。
(2)保健所との状況確認や協議、本人・濃厚接触者への状況確認、サポートを継続して実施。
(3)感染判明から3日間の空白期間を設けた上で、5月31日に全館の共用部について消毒を実施。
(4)各クラスの状況に合わせ、オンライン授業と対面授業を交えながら6月1日(火)以降、授業の順次再開。
※授業再開については、現在までの調査、保健所からの助言を元に決定いたしました。

3.今後の対策
・授業再開後も、状況や保健所等からの指示に基づき、休講等の措置をする場合があります。
・全学生、保護者に向け定期メッセージを発信し、情報提供と注意喚起を継続します。
・感染学生及び濃厚接触者の健康観察を継続し、これ以上の感染拡大を起こさないよう徹底した感染防止策を実施します。
・今後も地域の保健所等と緊密な連携のもと、感染拡大の防止に全学を挙げて取り組んで参ります。

本校では感染した学生の早期回復を願うとともに、感染者及び関係者への人権配慮と個人情報保護のために、氏名・行動歴等の公表はいたしませんので、ご理解をいただきますようお願い申し上げます。